うるのんの電気代は高い?比較して分かった事実を公開します

 

ウォーターサーバーを利用すると必ずかかる電気代。

 

今ではたくさんのメーカーからウォーターサーバーが出ているので、すこしでも電気代の安いものを使いたいのは誰でも思うことです。

 

うるのんの電気代は突出して高いかというとそんなことはありません。

 

各社が公開している電気代は目安ですので、使い方によってはもっと安くすることだってできます。

 

月の電気代が安くしたいのはあなたも私も同じ。

 

電気代比較のチェック項目と節約するための重要なポイントについて紹介しますね。

 

 

うるのんの電気代は他社と比べて高いのか?チェックポイントはココ

 

現在のウォーターサーバーは通常タイプとエコタイプの2種類が主流となっています。

 

うるのんでいうと、通常タイプにスタンダードサーバー、エコタイプにウォーターサーバーGrandeが該当し、それぞれ他社と同じくらいの電気代になっており際立って高くはありません。

 

実は電気代は各社ともにほとんど違いがありません。

 

その理由と見るべきポイントについて分かりやすく説明します。

 

各ウォーターサーバーの電気代はメーカー側が出している”あくまでも”参考値です。

 

あくまでもと付けたのは電気料金は地域や契約によって変わり、計算する単価を変えるだけですぐに数値は上下するからです。

 

本当に電気代の比較をするなら、チェックするべき項目は消費電力です。

 

何社か見比べてみてください。面白いことが見えてきますから。

 

ほとんどが、冷水:80~95w・温水:330~350w位の間に収まる消費電力です。(通常タイプ、エコタイプともに同じ)

 

もっと消費電力を抑えたものがあるかもしれませんが、デザインは違えどウォーターサーバーの消費電力にそんなに大きな違いはないということが分かりました。(エコタイプは夜の間エコモードにすることで、電気代を抑える仕組みを活用しています。)

 

つまり、うるのんは他社に比べて高くも安くもなく同じくらいというのが答えです。

 

その電気代をいかに安くするか3つの節約術を紹介します。

 

 

電気代が高くなるメカニズムを知ることが節約につながる

 

ウォーターサーバーでは消費電力が上がることをしなければ、必然的に電気代は安くなります。

 

消費電力が上がるポイントは3つです。

 

1.直射日光の当たる環境
2.設置方法が間違っている
3.一度に大量に使っている

 

 

直射日光の当たる環境

 

ウォーターサーバーは直射日光に当たる場所で使用してはいけません。

 

本体が直射日光にさらされると水や内部の電子機器の温度が上昇し、温度を下げるため必要以上に電力を消費してしまいます。

 

 

設置方法が間違っている

 

ウォーターサーバーは後ろだけでなく左右も10~15㎝離す必要があります。

 

理由はウォーターサーバー内にたまった熱を放出する必要があるからです。

 

壁から離さずに設置しするとしっかり放熱できず、内部に熱がたまり消費電力量が増えてしまいます。

 

設置方法を正しく守ることで、ムダな電気代を払わなくてよくなります。

 

 

一度に大量に使っている

 

一度に大量に水やお湯を使うと冷却したり加熱するために電力を多く使います。

 

特にお湯は消費電力が大きいので、お湯を大量に使うと電気代が高くなってしまいます。

 

一気に使わずにチョコチョコ使うようにすると、消費電力の上昇を抑えられます。

 

ただ、そうも言っていられないときもありますよね。

 

紹介したやり方の中では一番ハードルが高いので、「直射日光に当てない」「ウォーターサーバーは壁から離す」の2つだけでもやってみてください。

 

電気代を抑えることができます。

 

余談ですが、電気ポット1台で月700~900円くらいの電気代がかかります。

 

ポット代わりにウォーターサーバーを使用するのであれば月数百円の違いに収まりますよ。

 

 

ウォーターサーバーを使う上で電気代より重要なこと

 

ウォーターサーバーは24時間電気をつけっぱなしなので、電気代はやはり気になるポイント。

 

ただ調べてみてわかったのは、節約しても違いは数十円~百円・二百円の世界・・・と、それほど変わらない現状。

 

大きく節約したいと考えるなら、必ず水代・電気代以外にかかる費用をトータルで計算するようにしてください。

 

それも月間だけでなく、年間も含めて。

 

配送料やサーバー代、初回登録料やメンテナンス代など、申し込みの段階までよくわからない会社もあります。

 

うるのんでは水代・電気代以外は何もかかりませんので、家計に優しいウォーターサーバーです。(グランデはサーバー代がかかる分、電気代が下がります)

 

全国13万人の利用者が満足している理由をうるのん3つのこだわりにまとめていますので、参考にしてください。

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

抜け毛の悩み解消対策