プレミアムウォーターの電気代|サーバー別にかかる電気料金一覧

 

ウォーターサーバーを利用する上で水代と同じくらい大事なのが電気代。

 

24時間365日動くものなので1円でも安いほうがいいですからね。

 

あなたもプレミアムウォーターや他社の電気代を比較しているところではないでしょうか?

 

ちなみに、各社が出している目安の電気代って参考値ということを意識して比較するようにした方がいいですよ。

 

というのも、電気代は使用量や電気代の単価の設定で上下するからです。

 

また、1か月に飲む本数や飲み方(一気に大量に使う)など、使用環境によってもかわります。

 

プレミアムウォーター機種別の電気代と比較するべき料金項目についてまとめて紹介します。

 

 

 

プレミアムウォーターのサーバー別の電気代

 

プレミアムウォーターが公式サイトで公開しているサーバーごとの電気代は次の通りです。

 

サーバー スリムサーバーⅢ
電気代 通常:約630円 エコモード使用時:約504円
特徴 サーバーレンタル料無料にもかかわらずエコモード搭載サーバー。
光センサーで自動エコモードになるのが電気代削減に大きく貢献。

 

サーバー amadanaスタンダードサーバー
電気代 約900円
特徴 デザイン性で話題となったamadanaウォーターサーバーの後継モデル。
サーバーレンタル料無料でおしゃれなインテリアとも調和するデザイン。

 

サーバー cado×PREMIUM WATER ウォーターサーバー
電気代 通常:約630円 エコモード使用時:約504円
特徴 ウォーターボトルをサーバー下部に設置できる仕様。
女性やお年寄りに人気なスタイリッシュなサーバー。

 

サーバー amadanaウォーターサーバー
電気代 約800円~1,000円
特徴 amadanaとのコラボで生まれたサーバーは洗練されたデザインが話題。
スタイリッシュなだけでなく加熱クリーンシステム搭載でクリーンに使用できる。

 

サーバー スリムサーバー
電気代 約800円~1,000円
特徴 沖縄エリア専用のスタンダードウォーターサーバー。

 

プレミアムウォーターで使用している全機種の電気代はこのようになります。

 

あなたもこの各社の電気代を比較検討しているところでしょう。

 

実際にプレミアムウォーターの電気代は高いかについては、理由を含めて説明します。

 

 

プレミアムウォーターは電気代は他社より高い?安い?

 

プレミアムウォーターの電気代は、他社と比べても高くはありません。

 

逆に言えば、特別に安いということではなく、至って普通の料金というのが回答になるます。

 

実際に複数のウォーターサーバーの電気代を見てみても、ほぼ500円から1,000円の間で収まっています。

 

これはなぜかというと、そもそもウォーターサーバーの消費電力がほぼ同じだからです。

 

【各社ウォーターサーバーの消費電力】

冷水 80~95w
温水 330~350w

 

 

エコタイプのサーバーも消費電力は同じで、夜間の間に電力を落とすことで1か月の電気代を低く抑えているのです。

 

各社によって多少の違いがあるのは、装備している内容(クリーン機能やランプの数など)が異なるためです。

 

実はそれほど大きな差はありません。

 

【電気ポットの電気代はいくら位?】

ウォーターサーバーを電気ポット代わり使う家庭は多いです。

では電気ポット自体の電気代はどのくらいかというと、月780円~900円くらいといわれています。

ですので、今電気ポットを使っているのなら、それほど変わりはなく、さらに冷水まで飲めるようになるので、そこまで気にするレベルではありません。

 

 

ウォーターサーバーを検討する際、計算するべき料金

 

ウォーターサーバーは24時間電源を入れっぱなしですから、少しでも電気代を安くしたいと思うのは当然です。

 

ただ、ウォーターサーバーには電気代や水代以外にもさまざまな維持費用がかかってきます。

 

・サーバーレンタル代
・水の配送料
・初回登録料
・メンテナンス代 など

 

電気代だけ安くてもトータルで他の費用が掛かってくるのであれば、結局は高くついてしまうということもあります。

 

プレミアムウォーターの一部コラボサーバーにはレンタル代がかかりますが、配送料などは水の選択で無料にすることができます。

 

さらにプレミアム3年パックにすることで1本あたりの水代が280円も安くなるので、利用者にとって使いやすいウォーターサーバーといえます。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

抜け毛の悩み解消対策