床置きより使いやすい?プレミアムウォーター卓上サーバーの特徴!

 

ウォーターサーバーを置きたくても家が狭くて置けない・・

 

そんな悩みを解決できるのがコンパクトな卓上サーバー。

 

プレミアムウォーターでも卓上タイプの人気は高まっていて、置き場所に悩んでいた家庭にもおいしい水生活が始められています。

 

 

プレミアムウォーターの卓上サーバーの仕様・特徴

 

プレミアムウォーターではamadanaウォーターサーバーとスリムサーバーIIIの2機種が選べます。

 

商品名 amadanaウォーターサーバー(専用台つき)
サイズ 高さ85cm(ボトルカバー含)×幅28cm×奥行き28cm
高さ61cm(ボトルカバー無し)
重量 15kg
冷水温度 約6℃
温水温度 約87℃
電気代 約800円~1,000円/月

 

商品名 スリムサーバーIII ショートタイプ
サイズ 高さ82cm(ボトルカバー含)×幅27cm×奥行き35.4cm
高さ57cm(ボトルカバー無し)
重量 15kg
冷水温度 約6℃
温水温度 約85℃
電気代 約630円(通常時) 約504円(エコモード時)/月

※なお、沖縄エリア専用の「スリムサーバー」にも卓上サーバーがあります。

 

amadanaウォーターサーバーは正確には卓上ではないんですけどね。専用台を外せば卓上になるってことで入れてます。

 

卓上サーバーはコンパクトサイズながら床置きとまったく同じ機能を搭載していて、テーブルやキッチンにおいて使えるのが特徴です。

 

でも、仕様では見えない実際に使ってみた感じって気になりません?

 

使い始めてから「思っていたのと違った・・」なんて思いたくありませんからね。

 

実際に使っている口コミはというと、

 

小さいプレミアムウォーターにして正解でした!
大きいタイプと小さいタイプのどちらかにしようか悩みましたが、小さいタイプのプレミアムウォーターにして私の場合は正解でした。

1:寝床に置くお水サーバーを探してた。
2:引っ越しが多い。
3:安いウォーターサーバーを探してた。

中でも小さいプレミアムウォーターに決定して決め手は、【安さとスタイリッシュさ】です。

 

小柄なのに冷たいお水が飲める。
数年前に別の有名ウォーターサーバーを使用させて頂いていましたが、あまり冷たくなく作動音も大型マシーンだからでしょうか?
耳につく音で、寝る際にどうしても深いに感じることが増えてきまして、この度作動音が静かと評判の高いプレミアムウォーターを導入させて貰いました。
はい、イメージ通り、作動音が非常に静かでいい感じです。
静か過ぎるので、きちんと冷たいミネラルウォーターが作れているのか飲むまでは不安でしたが、いい感じに冷たく毎日主人と健康の為に飲んでいます。

 

フム、フム。卓上サーバーってやっぱり良さそうです。

 

ただ、この方たちは運よく卓上がピッタリはまってますが、「良さそうだから」というイメージだけで選ぶと使いづらくなることもあります。

 

これはプレミアムウォーターに限ったことではなくて、どの卓上サーバーでも共通なので、検討しているなら注意するべきポイントです。

 

 

卓上サーバーは使用環境で選ぶべき

 

卓上サーバーといえば、

 

 コンパクトだから置き場所に困らない
 背が低いので水の交換が楽になる

 

という点が最大の魅力。

 

ロングタイプを置けるスペースがないなら、ショートタイプならテーブルの上に置けます、というのがウリ。

 

でも、サイズをもう一度よく見てみてください。何か感じませんか?

 

床置きと比べると小さく感じますが、卓上サーバーだけで見ると意外と大きいんです。

 

ホームページ出ているような広々としたキッチンでもない限り、意外と置き場所探しに苦労します。

 

 

卓上サーバーはどこに置く?

 

卓上サーバーは何かの上に置いて使うのが前提です。

 

ローテーブルなら感じませんが、ダイニングテーブルの上におくと床置きタイプよりも高くなります。

 

実際に置いてみると、かなりの圧迫感があります。

 

さらにテーブルやキッチンの上に置くならスペースを確保する必要があり、テーブルやキッチンとし使うスペースが奪われてしまうことにもなってしまいます。

 

 

水の交換が今より楽になるとは限らない

 

卓上サーバーは水の交換も楽になるはずですが、乗せるテーブルの高さによっては床置きよりも交換が大変になることも。

 

胸の前まで持ち上げればよかったボトルを顔の前まで持ち上げないといけなくなるなら、けっこうな重労働ですね。

 

 

バランスが悪い卓上サーバー

 

卓上サーバーの方が背が低いので安定しそうに見えますが、実は床置きより転倒しやすいのは知っていますか?

 

高さの低いサーバーに12リットルのボトルは重すぎます。

 

床置きについている転倒防止用ワイヤーも卓上サーバーにはついていないので、固定できないのもネック。

 

卓上サーバーを使うなら耐震用ジェルマットは必須ですね。

 

 

卓上サーバーはこんな人におすすめ!

 

卓上サーバーのデメリットばかりではなく、次のような人におすすめです。

 

小さい子供がいる家庭

 

3歳以上のお子さんがいるなら、卓上サーバーはおすすめです。

 

床置きサーバーにもチャイルドロックが付いていますが、手の届く範囲であれば子供って何とかして解除してしまうもの。

 

昔に比べて減ってはきていますが、まだ火傷の事故も発生していますからね。

 

卓上サーバーは高さを調節できるメリットがあります。

 

カウンターやキッチン上などのあえて高い場所に設置できるのは卓上ならではなので、子供の手の届かないようにして事故防止できるのは大きなメリットです。

 

もちろん耐震用ジェルマットを敷くのは忘れずに。

 

 

一人暮らし、夫婦2人暮らし

 

一人暮らしや子供のいない夫婦など、人数が少ないお宅には卓上サーバーはお勧めです。

 

荷物が少ないためスペースが確保できるので、コンセプト通りに場所を選ばずに設置ができるので便利です。

 

 

結局、卓上サーバーと床置きサーバーはどっちがいい?

 

卓上サーバーと床置きサーバーはどちらが優れているということはありません。

 

使用する環境や家族構成で変わるので、あなたのご自宅に合うタイプを選ぶことが大事。

 

決してコンパクトなイメージだけで選ばないことです。

 

 家のどこだったらスペースが確保できそうか?
 子供が触れない場所といえばどこだろう?
 水の交換はかえって手間にならないか?

 

などを想像してみてください。

 

模型とかあるとわかりやすいんですけどね。

 

私は卓上サーバーと同じ大きさを段ボールで作って、置き場所の候補地に置いていって確認してみました。

 

そこで卓上サイズの圧迫感がきつくて床置きタイプにした経緯があります。

 

狭い家なのですが、デッドスペースにおいておけば、それほど邪魔になりません。

 

段ボールが無理でもメジャーでおおよその高さや必要面積を図ってみるとイメージしやすいですよ。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ