プレミアムウォーターの料金!これから使うならどれを選べば損しない?

プレミアムウォーターの料金プランは選べる3パターン。

 

安さで言えばベビークラブを利用したいところですけど、妊娠中または5歳以下の子供がいるという条件付き。

 

なので、実質的には基本プラン2年PREMIUM3年パックどちらかかで選ぶことになりますね。

 

料金を取るか縛りをとるか・・、どうせなら損しない方で利用したいですからね。

 

これからプレミアムウォーターを使うときのお得な料金選択についてまとめて紹介します。

 

 

基本プラン2年とPREMIUM3年パックの比較

 

基本プランとPREMIUMパックの料金は次の通りです。

 

プラン名 契約年数 ボトル料金 早期解約手数料
基本プラン 2年 1,960円 10,000円
PREMIUMパック 3年 1,680円 15,000円

 

最低利用年数・ボトル単価・早期解約手数料が違うだけで、配送料無料やサーバー代などの条件は同じです。

 

どのくらい差があるかというと、4週間ごと2本のお届けで1,960円-1,680円×2本=560円。

 

1回のお届けで560円の差が出ます。

 

2年間利用したとすると、560円×24か月=13,440円が金額の差となります。

 

PREMIUM3年パックにしておくだけで1万円以上安くなるってことです。

 

これだけ大きな割引ができるのも、プレミアムウォーターは新規契約がどんどん増えており、解約率が1.3%程度と好調だからです。

 

プレミアムウォーター大幅高、宅配水の新規契約件数が前月比25%増
2017/08/17(09:32)
プレミアムウォーターホールディングス<2588.T>が大幅高となっている。同社は16日取引終了後に、主力の宅配水事業の7月度の月次概況(速報値)を公表。新規契約件数が2万9717件となり、前月比では25.1%増、前年同月比では50.9%増となったことが好感されているようだ。なお、保有契約件数は52万4411件に達している。

 

 

ただ、悩みの種はやっぱりアレですよね?

 

 

プレミアムウォーターの縛りと早期解約手数料

 

料金は安ければ安いほうがいいのは当然です。

 

でも、いい話には条件が付くものです。

 

 基本プランの解約手数料=10,000円(2年)
 PREMIUMパックの解約手数料=15,000円(3年)

 

水代が安くなる代わりとはいっても、3年は長いなというのが本音ではないでしょうか?

 

万が一2年で解約したとしても実質1,560円のマイナスですから、他社の乗り換えキャンペーンを使えばその分の補填はできます。

 

いずれにしても2年は使うわけですから、負担はほぼないと考えて大丈夫です。

 

 

2年で解約したくなったらどうする?

 

プレミアムウォーターを利用するなら、絶対にPREMIUMパックをおすすめします!

 

同じ水を同じだけ飲んで、2年間で13,440円安くなるのに使わないなんて損です。

 

あなたもプレミアムウォーターを使ってみて、よかったら長く使おうと思っていませんか?

 

基本プランで利用していると後からの変更はできないので、最初か申し込んで置く必要があります。

 

プレミアムウォーターは①新規加入が増えている②解約率1.3%程度なので、PREMIUM3年パックで加入しておく価値はあります。

 

ただ、そうは言っても、縛りや違約金のことは気になりますよね。

 

もし2年で辞めたくなってしまったら、他社の乗り換えをうまく使えばいいだけです。

 

辞めること前提で申し込むのは良くないですが、そこまで縛りに対して臆病になることもありません。

 

それぞれの料金や内容の詳細は下記より確認できますので、参考にしてみてください。

 

プレミアムウォーター

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ