だから安心!プレミアムウォーターの軟水が赤ちゃんとママにおすすめの理由

プレミアムウォーターは赤ちゃんとママにぴったり

 

赤ちゃんにはミルクや白湯、離乳食などで水を与える機会は多いです。

 

なので、できるだけ体にいい安全な水をあげたいですね。

 

赤ちゃんには軟水を飲ませないといけないと聞いたことがあると思いますが、軟水なら何でもいいワケではありません

 

水のまろやかさを決める溶存酸素、生産管理体制、水の安全性、水質検査の項目や回数など。

 

体の小さい赤ちゃんに飲ませるには厳しくチェックする必要があります。

 

プレミアムウォーターの軟水が選ばれているのは、安心して飲める水を利用者に届けているからなんですね。

 

特に赤ちゃんとママには特別なサービスもあるため、知っておいて損はありませんよ。

 

 

プレミアムウォーターの軟水の特徴

 

水に含まれるミネラルの量できまる水の硬度は、WHO(世界保健機関)で硬度120mg未満を軟水・120mg以上を硬水として定められています。

 

プレミアムウォーターの水はすべて赤ちゃんに飲ませることのできる軟水です。

 

 

富士吉田(山梨県):硬度25mg/L

プレミアムウォーター富士吉田

 

富士山のふもと地下200mから採取された水は硬度25mg/Lと、軟水の中でも「きわめて軟水」の部類に入る超軟水です。

 

バナジウム=ミネラルなので、ミネラルの量自体が少ない軟水の富士吉田の水は赤ちゃんに飲ませても大丈夫です。

 

 

南阿蘇(熊本県):硬度36mg/L

プレミアムウォーター南阿蘇

 

熊本県の阿蘇山のふもとで採取した水は、大自然のフィルターでろ過された清らかな天然水です。

 

水に含まれる溶存酸素が豊富なので、口当たりが優しくまろやかなのが特徴です。

 

 

金城(島根県):硬度83mg/L

プレミアムウォーター金城

 

島根県の金城では花岡岩層でゆっくりろ過された水をなんと地下700mから採取しています。

 

硬度83mg/Lと他2か所よりも硬度はありますが、軟水の基準120mg/Lを大きく下回るやや軟水に部類される天然水です。

 

 

3か所それぞれのボトル工場で厳しく検査されいているため、どの採取地の水でも赤ちゃんに安心して飲ませられます。

 

 

 

プレミアムウォーターが赤ちゃんに安心して飲ませられる理由

プレミアムウォーターは赤ちゃんに安心

 

一般的なウォーターサーバーの工場では、天然水に加熱処理をして熱で殺菌しています。

 

この方法であれば低コストで生産できるのですが、加熱処理することで水に含まれる溶存酸素は失われ水は劣化してしまいます。

 

せっかくの天然水の良さを失くしてしまわないよう、プレミアムウォーターでは自然の天然水にこだわり水を非加熱処理で提供しています。

 

長い年月をかけて自然ろ過された天然水を4段階のフィルターに通し除菌。

 

その後、非加熱で処理することで溶存酸素が失われず、まろやかで口当たりのよい水のおいしさを味わえます。

 

安全に配慮しながら天然水の本来の味わいを提供しているんですね。

 

 

プレミアムウォーターは赤ちゃんに最適な硬度

 

赤ちゃんのミルクには軟水がいい。今では常識ですね。

 

ミルクを作るときには硬度120mg/Lより低い軟水がよいとされており、プレミアムウォーターであればどの採取地を選んでも問題なくミルクが作れる硬度です。

 

プレミアムウォーターの硬度はミルクにあう

(明治「ミルクの調乳に使用する水(お湯)について」より)

 

ミルクの調乳に硬度を気にするのは、赤ちゃんの内臓機能の発達が未熟でミネラルを分解する力が弱いためです。

 

1日に必要なミネラルはミルクの中に含まれており、赤ちゃんは必要以上に摂取すると下痢などになることがあります。

 

ひどくなると腎臓疾患などを発症することもあるため、軟水の摂取がいいと言われているんですね。

 

ただ、天然水は硬度が低ければいいというものではありません。

 

赤ちゃんに飲ませるなら安全な水を選ぶことが一番大切です。

 

プレミアムウォーターの厳しい水質検査では、1時間に1回、水の品質検査を行い微生物のチェックや水の臭い・味までをチェックしています。

 

また、月に1回すべての水の放射性物質についての検査を行い、安全な水の宅配に力を注いでいます。

 

放射性物質はこれまで一度も検出されていないので、安心して赤ちゃんに与えることができます。

 

 

赤ちゃんのミルクは水道水ではだめなの?

プレミアムウォーターと水道水の比較

 

日本の水道水はおおよそ硬度80~120mg/Lの軟水です。

 

ミルクは水道水で作られることを前提としているので、水道水で作ることもできます。

 

水道水自体は51項目もの厳しい検査基準をクリアしているため、世界一安全とも言われています。

 

しかし、あくまでも浄水場を出る段階での話なので、自宅の蛇口から出るまでに水道管のサビや鉛、貯水タンクの不衛生な状態を通った水は安心して口にすることはできないですよね?

 

赤ちゃんのいる家族にウォーターサーバーが増えているのは、水道水では安心できないという不安を解消したいからです。

 

また、プレミアムウォーターでは、赤ちゃんとママに嬉しいサービスがあるのも人気の秘密です。

 

 

プレミアムウォーターの赤ちゃんとママに嬉しいサービス2選

 

妊娠中や育児のときにもプレミアムウォーターが使いやすいのは次の2つのポイントがあるからです。

 

 

嬉しいポイント①ボトルがサーバーの下にセットできる

プレミアムウォーターのサーバー下のボトル設置

 

プレミアムウォーターのサーバー「cado × PREMIUM WATERウォーターサーバー」はボトルが本体の下にセットできるようになっています。

 

重いボトルを高い位置まで持ち上げてセットするのは重労働です。

 

水の交換が必要な時って、たいていパパがいないとき。

 

そんな時でも、サーバー下のボトル交換であれば女性でも簡単に交換することができます。

 

また、チャイルドロックが背面で操作できるので、子供が大きくなっても事故の不安が軽減できます。

 

 

嬉しいポイント②ママと赤ちゃんだけの特別プランがある

プレミアムウォーターを選ぶ親子

 

プレミアムウォーターには妊娠中、または5歳以下の子供がいる家庭に限りプレミアムベビークラブという特別なプランを利用することができます。

 

プレミアムベビークラブ3つの特典
・水1本が1,360円(30%OFF)
・初回設置サービスが無料(通常8,000円)
・サーバーレンタル料が2割引~5割引(月の利用本数による)

 

プレミアムベビークラブは解約しなければ子供が6歳以降もずっと割引価格で続けられます。

 

お金がかかる幼少期の家計の負担を軽減できます。

 

これだけ手厚いサービスを提供しているプレミアムウォーターは、2017年上半期においてウォーターサーバーの契約件数No.1になるほど利用者が増えています。(楽天リサーチ調べ)

 

妊娠中や育児期間中に安全で使いやすいウォーターサーバーを探しているなら、プレミアムウォーターは便利に使えますよ。

 

▼プレミアムベビークラブはこちら▼


 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ