水道水はそのまま飲むな!トリハロメタンの体への影響が怖い

水道水にトリハロメタンが含まれているのは何故

水道水に発がん性物質が入ってるなんて、どういうこと!(怒)

 

トリハロメタンが水道水に含まれているなんて聞くと、口も付けたくないですよね?

 

でも実際にトリハロメタンは蛇口からでる水道水に入ってます

 

もし飲んでしまった時の体への影響やトリハロメタンの除去についてまとめたので、健康のために参考にしてくださいね。

 

 

なぜ水道水にトリハロメタンが入っている?

水道水にトリハロメタンが入っているのはなぜ

 

水道水にトリハロメタンが入っているのは、水を殺菌・消毒するための塩素が原因

 

浄水場で塩素消毒するときに、水に含まれる有機成分と反応してトリハロメタンが生成されてしまうというわけ。

 

「じゃ、塩素を入れなければいいじゃん!」

 

と言いたいところですが、蛇口から出る水道水に細菌やウィルスが増えないように消毒しておく必要があるんですね。

 

逆に塩素を入れないでおくと、水道水の安全神話がくずれてしまう。

 

あちらを立てればこちらが立たず、の状態なんです。難しいですね。

 

 

でも、発がん性物質を飲んでいるなんて気持ち悪い・・

 

その気持ち分かります。飲み水に発がん性物質が入っているなんて僕も口にしたくありませんから。

 

 

水道水に含まれるトリハロメタンは微量?

 

水道水に含まれているトリハロメタンの量は、WHO(世界保健機構)の基準で決められているそうです。(トリハロメタンの含有量:0.2mg/L)

 

これは仮に一生その水を飲んだとして、発がん率が10万分の1以下という数値らしい。

 

で、日本の水質基準は0.06mg/Lと厳しくしてあるので心配ない、っていうのが水道法によるところ。

 

でも・・・、それって本当に安心していいの?

 

少量だとしても、蓄積されていくわけですからね。

 

 

水道水からトリハロメタンを摂取したときの体への影響

水道水からトリハロメタンをとるとったときの影響

 

水質基準内とはいえ、トリハロメタンが入っていることは確実なことが分かりました。

 

じゃ、体内に入った時の影響って発がん性以外でどんなものがあるんでしょうか?

 

トリハロメタンを摂取してしまうと、

 

・腎臓や肝臓などへのダメージ
・アトピー性皮膚炎
・喘息
・全身の倦怠感
・集中力の低下
・流産の危険性

 

などが体への影響として現れます。

 

 

・・・やっぱ、水道水はそのまま飲んじゃダメじゃん!

 

 

なので、水道水を飲むときはトリハロメタンを除去しましょう。

 

 

水道水からトリハロメタンを除去する方法

トリハロメタンの除去方法

 

水道水からトリハロメタンを除去するには

 

 浄水器を付ける

 水道水を沸騰する

 逆浸透膜浄水器を設置する

 

の3つの方法があります。

 

それぞれにメリットとデメリットがあるので、やりやすい方法を参考にしてください。

 

 

浄水器を付ける

 

手っ取り早くトリハロメタンを取り除きたいなら、蛇口に浄水器を付けるのが楽です。

 

蛇口をひねれば浄水がでてくるので、手間もかかりません。

 

浄水器自体はいろいろなメーカーから出ているので、スペックや値段から決めていいと思いますよ。

 

ただ、どの浄水器のトリハロメタン除去率は80%程度なので、完璧に取り除けないのが難点です。

画像)

 

 

水道水を沸騰する

 

水道水のカルキ抜きで沸騰させることがあるんじゃないでしょうか?

 

トリハロメタンも沸騰させることで除去することができます。

 

ただし、トリハロメタンは温度が上昇することで増えていき、沸騰時に一番多くなります(約3倍~5倍)。

 

なので、沸騰してすぐに火を止めてしまうと、わざわざ量をふやしただけになります。

 

30~40分くらい沸騰させたままにするとトリハロメタンは気化して除去できるので、しばらくグツグツさせましょう。

 

手間がかかりますが、時間をかければしっかりと除去できるので安心できる方法。

 

 

逆浸透膜浄水器を設置する

 

浄水器の中でも高性能のフィルターを搭載した逆浸透膜浄水器であれば、99%のトリハロメタンを除去できます。

 

NASAが開発した逆浸透膜という超微細(0.00001ミクロン)のフィルターを通すことで、水以外の物質を除去します。

 

工事が必要となりますが、トリハロメタンの不安はほぼ無くなります。

 

ただ、その代わり高いです。

 

楽天の浄水器検索結果

(楽天「逆浸透膜浄水器」より)

 

わが家では値段を見た瞬間、比較検討から外れました(笑)

 

 

水道水に含まれるトリハロメタンとはどう向き合う?

トリハロメタンとの向き合い方

 

微量とはいえ、やはりトリハロメタンを含む水道水を飲むことは裂けたいところです。

 

特に子どもは体も小さいので影響が大きくないとは言い切れませんからね。

 

とはいえ毎日沸騰させるのは面倒ですし、逆浸透膜浄水器も容易に設置できる金額ではありません。

 

わが家では検討の結果、ウォーターサーバーを設置して飲み水の問題を解消しました。

 

ウォーターサーバーといっても、メリットや注意点もあります。

 

なので、ウォーターサーバーの特徴をまとめて記事にしたので、興味があれば読んでみてください。

 

わが家でも使ってるウォーターサーバーの詳細記事はこちら⇒

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

抜け毛の悩み解消対策