なぜミネラルウォーターを赤ちゃんに飲ませちゃいけない?表にはでてこない本当の理由とは?

 

赤ちゃんにミネラルウォーターは飲ませちゃダメ!って、あなたも聞いたことがあるんじゃないでしょうか?

 

では、なぜ赤ちゃんにミネラルウォーターを飲ませてはいけないご存知ですか?

 

  • ミネラルウォーターは与えちゃいけないって聞いたし・・・
  • 赤ちゃんには水道水を沸騰させる方がいいんだよ・・・ね?

 

 

実は赤ちゃんには、飲ませていいミネラルウォーターと飲ませてはいけないミネラルウォーターがあるんです。

 

 

赤ちゃんのミルクやお風呂上がりの水分補給など、水を与えたいことってありますよね?

 

安心して赤ちゃんに水分を与えるコツを紹介します。

 

逆に水道水よりも、ミネラルウォーターの方がよっぽど安心です。

 

 

赤ちゃんに飲ませていいミネラルウォーターと飲ませてはいけないミネラルウォーター

 

ミネラルウォーターが赤ちゃんに飲ませてはいけないという理由は「ミネラルの含有」

 

赤ちゃんは内臓器官が未熟なため、体内に入ったミネラルを胃や腸で満足に分解することができないんですね。

 

なので、大量にミネラルを摂取すると負担が大きくなり下痢や便秘になることがあります。

 

 

じゃ、やっぱりミネラルウォーターはだめじゃない?

 

そう思ってしまうんですが、重要なのはミネラルの含有量なんですね。

 

 

 

硬水とか軟水って聞いたことありませんか?

 

水に含まれるミネラル量(硬度)に応じて硬水と軟水に区分されます。

 

【水の硬度】
・硬水:120mg/L以上
・軟水:120mg/L以下

 

 

120mg/L以下の軟水であれば、赤ちゃんに飲ませても大丈夫。

 

実は日本で採水されたミネラルウォーターはほとんどが軟水なので、ミルクの調乳用や水分補給で飲ませてもOKなので安心してください。

 

 

じゃ、赤ちゃん用の水って何で販売されてるの?

 

赤ちゃん用の水として販売しているのは、ピュアウォーター(純水)と呼ばれるミネラルを全く含まない水です。

 

赤ちゃんはミネラルの摂取は最小限で構わないので、専用の水として売られているんですね。

 

 

だからといって、専用水でないとダメってわけじゃありません。

 

ミネラルはミルクにも水道水にも含まれていますし、なんと言っても母乳にだって含まれているので、決して摂取してはいけないものじゃないんです。安心して大丈夫ってこと。

 

 

ただ、海外製のミネラルウォーターは硬水が多いので注意が必要です。

 

下記に代表的なミネラルウォーターの硬度一覧を載せているので参考にしてください。

 

 

【赤ちゃんに飲ませてもいいミネラルウォーター】
いろはす:28mg/L
南アルプスの天然水:30mg/L
六甲のおいしい水:32mg/L
富士山のバナジウム天然水:29mg/L
森の水だより:35mg/L
クリスタルガイザー:38mg/L
ボルヴィック:60mg/L

 

【赤ちゃんに飲ませてはいけないミネラルウォーター】
エビアン:304mg/L
ペリエ:417mg/L
コントレックス:1468mg/L

 

 

ただ、赤ちゃんにミネラルウォーターを飲ませないほうがいい別の理由があります。

 

 

ミネラルウォーターを赤ちゃんに飲ませてはいけない本当の理由

 

ミネラルウォーターは硬度面では赤ちゃんに飲ませても大丈夫です。

 

ただし、別の意味でミネラルウォーターはおすすめしません。

 

 

それは、雑菌の繁殖です。

 

 

ミネラルウォーターと聞くと清潔で安全なように思いますが、実は検査項目が水道水よりゆるいんです。

 

 

「〇〇の水にカビ混入!〇万本回収に!」なんてニュースを見たことがありませんか?

 

 

これは、検査をすり抜けた細菌やカビ菌が繁殖してしまっているからなんです。

 

キリンビバレッジ(本社・東京)は29日、ミネラルウオーターの「ボルヴィック」から「消毒薬のような異臭がする」などの苦情が20日から28件寄せられたとして、問題のある500ミリリットルのペットボトル57万本を自主回収することを決めた。

商品を輸入する際に使ったコンテナ内部のペンキのにおいが容器のペットボトルに移ったのが異臭の原因という。容器内部の空気から有機化合物のキシレンとナフタレンが微量検出されたが、健康への被害は出ていないという。

 

日本コカ・コーラは21日、ペットボトル入り清涼飲料「い・ろ・は・す 塩れもん」(555ミリリットル)約31万2000本を自主回収すると発表した。カビが混入した商品が見つかったため。カビに毒性はなく、飲んでも健康に影響はないという。

 

 

こんなニュースが流れていると不安ですよね。

 

 

毒性がないからといって、赤ちゃんにカビ入りのミネラルウォーターなんてあげられませんから。

 

 

頻繁に起こっていることではないにしろ心配ですし、だからといって、水道水を与えるなんてできません。

 

 

水道水は水道水で、残留塩素や発がん性物質が入っているんですから、できれば飲ませたくない。

 

じゃ、どんな水を与えればいいんでしょうか?

 

 

赤ちゃんに飲ませていいのは純水、または清潔な軟水

 

赤ちゃんに安心して与えられる水は、純水か軟水です。

 

実は純水は自宅でも生成できるんですね。

 

それは、逆浸透膜浄水器です。

 

RO(逆浸透膜)というNASAが開発した技術を用いて、水道水からすべての不純物を99.9%除去してくれるんです。

 

真水が出来上がるので、赤ちゃんに安心して飲ませられます。

 

 

おぉ、それはいい!

 

 

・・なんですが、ちょっと高いんですね。

 

 

(楽天「RO 浄水器」検索結果より)

 

 

手軽に取り付けられる金額ではありませんね。

 

 

じゃ、どうすればいいのってことですが、水質検査の厳しいウォーターサーバーがおすすめです。

 

 

赤ちゃんに安心して飲ませられる水はコレ!

 

赤ちゃんに安心して飲ませられる水はウォータースタンドのうるのんです。

 

うるのんは富士山のふもとの地下から天然水を汲み上げて、自社工場で4種類のフィルターにかけられます。

 

134℃の高温で天然水の加熱殺菌を行い、水にいる細菌やウィルスを死滅させます。

 

その後、無菌状態でボトルに充填されるので、清潔な水をお届けできるんです。

 

 

それだけ、徹底して衛生管理を行っている水なので赤ちゃんにも安心して飲ませられます。

 

>>赤ちゃんに安心して飲ませられるうるのんの魅力をまとめた記事はこちら

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

抜け毛の悩み解消対策