ミネラルウォーターに有害物質が入っているのは本当?健康被害にならないために身を守るには?

 

 

のどが渇きを潤すのにちょうどいいミネラルウォーター。

 

コンビニやスーパーで1日1本は飲んでいるんじゃないでしょうか?

 

しかし、いま飲んでいるミネラルウォーターに有害物質が入っているかもしれないと聞いたらどう思いますか?

 

 

いや、いつもと変わらない味だし・・、大丈夫大丈夫。

 

 

なんて言っていると、そのうち健康被害になる可能性も

 

実は、本当にミネラルウォーターには有害物質が入っている可能性があるんです。

 

 

 

ミネラルウォーターには有害物質がいっぱい!?

 

ニュースや報道で流れていてもけっこう聞き流してしまうものですが、安全だと思われているミネラルウォーターには有害物質が含まれています。

 

セブン‐イレブンで売られていた7銘柄の水質を調査したところ、「六甲のおいしい水」「Volvic」「evian」から、硝酸性窒素が2 mg/L検出された。

 

市販のミネラル・ウォーターには乳ガンなどの原因となる内分泌撹乱物質(EDC)が含まれています。

 

キリンビバレッジは21日、輸入販売するフランス産ミネラルウオーター「ボルヴィック」の一部商品にカビが混入したため、今月8~20日に出荷した1リットルペットボトル入りの約43万2千本をすべて自主回収すると発表した。

 

飲料メーカー大手の「コカ・コーライーストジャパン」は、関東甲信越などで販売したペットボトル入りのミネラルウォーターの一部にカビが混入していたとして、およそ67万本を自主回収すると発表しました。

 

この度、弊社が富士ピュア株式会社に製造を委託し販売しております「富士山麓のきれいな水 2L」(賞味期限2018年8月4日)において、食品衛生法に定められた成分規格のうち、基準値を超えた臭素酸が検出されました(※臭素酸の基準値0.01mg/L以下に対し、0.02mg/L検出されました)。(引用:ポッカHPより)

 

 

発がんを誘発するリスクがあったり、カビが混入して繁殖してしまっているなど、原因はいろいろですが・・・

 

 

なぜ同じような有害物質の混入が発生してしまうか知っていますか?

 

この理由を知ると、ミネラルウォーターがこわくて飲めなくなるかも知れません。

 

 

 

ミネラルウォーターに有害物質が含まれるのはなぜ?

 

ミネラルウォーターに有害物質が混入する原因は、水質検査が緩いからです。

 

 

「はっ!?緩いってどういうこと?」

 

 

おそらくあなたも水道水に対する不安からミネラルウォーターを飲んでいると思いますが、実はその水道水よりもミネラルウォーターの方が検査基準が緩いんです。

 

甘いといってもいいかもしれません。

 

 

水道水の水質検査基準は51項目、さらに水質管理目標として設定されているのが26項目あるんでね。

 

これに対してミネラルウォーターの水質検査は14項目~39項目

 

検査項目が半分以下しかないんです。

 

 

なので、検査すらされていない項目がある・・・

 

 

 

もちろん工場内は清潔ですし、清掃だって行き届いています。

 

でも、目に見えない有害物質は検査しないと分かりませんよね?

 

 

飲んだからといってすぐに体調不良になったり、健康被害になるものではないです。

 

ただ僕たち大人ならまだしも、子供には飲ませたくないんじゃないでしょうか?

 

 

だからといって、全然ミネラルウォーターを飲まないという事もできないと思います。今の世の中。

 

なので、せめて自宅にいるとき位はミネラルウォーターではなく安全な水を飲ませてやりたいと思いませんか?

 

 

 

ミネラルウォーターの有害物質から身を守るには

 

 

安全な水を飲むには、厳重な水質検査を行っている水に変えればいいんです。

 

僕のおすすめはわが家でも飲んでいるプレミアムウォーターです。

 

なんだよ、ウォーターサーバーかよ?

 

って思っているかもしれませんが、プレミアムウォーターの水質検査の厳しさは業界でもトップクラスです。

 

 

プレミアムウォーターの水質検査
1.自社工場内から天然水を汲み上げる

 

プレミアムウォーターでは自社工場の敷地内の採水用井戸を掘り、地表の大気に触れない安全な地下水脈から澄んだ天然水をくみ上げる(富士吉田)。

2.超微細フィルターで徹底的に除菌

 

汲み上げた天然水を無菌のクリーンルーム内で4種類のフィルターにかけ、不純物・雑菌をていねいに取り除く。

3.ボトルに天然水を充填

 

新品のペットボトルを丁寧に内部洗浄し、フィルターで除菌された水を充填。

4.最終検査~出荷

 

天然水の充填されたボトルを1本1本人の手で確認して出荷。

 

プレミアムウォーターは工場内の水質検査が厳しく、1時間に1回、検査員が天然水を実際に飲んで味や臭いに問題がないかを徹底的に確認しています。

 

 

このような厳重な水質管理が利用者に支持されて、今では1ヶ月で3万件弱の新規申込があっています。

 

 

(株経ONLINEより)

 

 

これだけの新規申込があっているので、優良顧客の期待を裏切らないよう水質検査にはより力をいれているはずです。

 

 

プレミアムウォーターは子どもにも安心して飲ませられる天然水ですよ。

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

抜け毛の悩み解消対策