ミネラルウォーターが汚染されたまま流通するのは何故?わが身を守る方法とは?

 

ミネラルウォーターが汚染されているという話。

 

時々ニュースなどで流れていますが、どこか他人事だと感じていませんか?

 

 

「へー、怖いねー。」って。

 

 

でも、普段あなたが飲んでいるミネラルウォーターも汚染されていることだってあるんです。

 

 

(特集◆硝酸態窒素の水汚染より)

 

 

これは2007年とちょっと古いデータですが、どこのコンビニやドラッグストアでも販売されているミネラルウォーターが汚染されていたという調査結果です。

 

決してマイナーで販売本数の少ないミネラルウォーターだけの話ではないんですね。

 

安全な水を飲むためにも、ミネラルウォーターの汚染について知っておきましょう。

 

 

ミネラルウォーターはなぜ汚染されるのか?

 

ミネラルウォーターというと各地の名水とか湧き水とかから水をくみ上げて、ペットボトルに入れて販売しています。

 

その採水地って、だいたい田舎の方とか山の中とかですよね?

 

田舎なら空気も水も汚れるものなんてなさそうですが、そもそもなぜ汚染するんでしょうか?

 

 

 名水が汚染される原因

 

  1. 地下水で広がってしまう
  2. 野生動物の糞や尿
  3. 野生動物など生き物の死がい

 

 

僕たちがいる地表からは想像できませんが、地下水は広くつながっています。

 

工場や産業地域などから出た汚染物質が地下水を通じて広がってしまうんです。

 

また、山の中の澄んだ空気の中、小川の水はとても美味しく感じますよね?

 

そこで採水した水はきれいなように感じますが、上流で野生動物が糞をしていたらどうでしょう。

 

もしかすると野生動物が水の中で息絶えているかも知れません。

 

 

そのような場所で採水した水は、決してきれいとは言えませんよね?

 

ただ、問題は危険な汚染物質がペットボトルに入ってそのまま販売ルートに乗ってしまう仕組みにあります。

 

 

ミネラルウォーターの汚染がスルーされて流通する理由

 

ミネラルウォーターのボトル工場では、検査をしていないわけではありません。

 

ちゃんと検査をしているのにも関わらず、汚染された水が流通してしまう原因。

 

それは、「ミネラルウォーターの検査が緩い」からです。

 

 

検査がゆるい?

検査してないの?

 

 

 

ミネラルウォーターは食品衛生法にのっとって、検査内容が39項目と決められています。

 

ちなみに、水道水は検査基準として51項目+水質管理として26項目の77項目あります。

 

つまり、水道水の半分しか検査していないんです。

 

これが、検査が緩いという理由です。

 

なので、有害物質であったとしても検査すらされないのでスルーしてしまう・・・・

 

 

でも、ミネラルウォーターになっていない名水はもっとひどいです。

なんてったって、水質検査すらしないんですから。

 

なので名水の水質検査をしたら大腸菌が検出された、なんてニュースになったりするんです。

 

それを考えるとミネラルウォーターはまだ、検査しているだけいいと言えるかも・・・

 

 

 

いや、決していいとは言えません。

 

 

 

だって、たとえば冒頭で紹介した汚染物質「硝酸態窒素」を摂取した場合には、血液中に含まれる酸素量が減って全身に十分な酸素を送れなくなってしまうんです。

 

大人であれば重症化することはないかもしれませんが、乳幼児が摂取すると最悪の場合、窒息死という危険性があるんですよ。

 

もし、汚染物質が目で見えているなら絶対に子供に飲ませたりはしません。

 

すぐに人体に影響がある量ではないという法律の元に決められているので、自分の身は自分で守るしかないってことです。

 

じゃ、何を信じて水を飲めばいいかというと、ちゃんと検査をしている水を飲むことです。

 

 

ミネラルウォーターの汚染から身を守るためにできること

 

汚染された自ら身を守るには、厳しい検査をしている水を飲むしかありません。

 

 

では、どこで売っている水?ということですが、

 

おすすめはプレミアムウォーターの天然水です。

 

僕もプレミアムウォーターを利用していますが、検査が厳しいので利用者としては安心できる会社です。

 

プレミアムウォーターはミネラルウォーターの中でも、一番水質管理がむずかしいナチュラルミネラルウォーターを提供しています。

 

天然水を加熱殺菌で済ませてしまうのではなく、超微細のフィルター除菌と人の目、口、鼻といった五感を駆使した品質管理を行っています。

 

なんといっても、検査員がボトルに充填する水を飲んで、味、臭いを確かめるといった念のいれよう。

 

自分が口にする水なので、水質検査も厳しくなるのは当然ではないでしょうか?

 

それだけ水質検査にこだわっているので、わが家では息子も含めてプレミアムウォーターの水が大好きなんです。

 

安心できる水という事ならプレミアムウォーターの天然水がおすすめですよ。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

抜け毛の悩み解消対策